【現地スタッフがこっそり教える】無料で楽しめる浅草周辺の絶景ビュースポット

東京-名所・観光地情報

【現地スタッフがこっそり教える】無料で楽しめる浅草周辺の絶景ビュースポット

9900円

突然ですが、これは何の値段か想像できますか?
実は日本で一番高い建物『東京スカイツリー』の最上にある展望台へ家族4人(大人2名、小学生2名 当日券購入の場合)で登った場合の入場料なんです。

「わざわざ東京に来たんだし、せっかくなら眺めを楽しみたい!でも、ちょっとこのお値段は・・・」と、思われたあなたに朗報です。実は浅草周辺には無料”で眺めを楽しめる絶景のビュースポットあるんです!

そこで今回は現地スタッフだからこそ知っている、無料で東京の眺めを楽しめるビュースポットをこっそりと教えちゃいます♪

浅草文化観光センター

先ず紹介するのは雷門の目の前にある観光案内所です。館内では日本だけでなく、外国語による観光案内を行なっており、他にも観光情報の提供やフリーwifi, 電源の使用が可能です。

そんな観光案内所の8階には展望テラスが設けられており、浅草の街を一望することがてきます。雷門の目の前という超好立地ということもあり、浅草寺までの参道もはっきりと見ることができますよ♪

更にテラスの右手側には東京スカイツリーも眺めることがあり絶好の撮影スポットです。テラスにはカフェも併設されているので、景色を楽しみながらお茶を楽しむのもいいですね。

 

東京スカイツリーイーストタワー

続いてご紹介するのは東京スカイツリーに併設されている東京スカイツリーイーストタワーです。

この31階建てのイーストタワーは様々な会社が入居するオフィスビルで、一見入れなそうにも見えますが、実は30階と31階はソラマチダイニングと称したレストランフロアになっており、一般の方にも開放されているんです!

ガラス張りのフロアには展望スペースが設けられており、レストランに入店しなくても椅子に座りながらスカイツリー周辺の景色を眺めることがてきます。31階からは浅草や隅田川を一望でき、天気の良い日は茨城県にある筑波山も遠方に見ることができます。フロアへの高速エレベーターもガラス張りなので、一階へ下る時はちょっとしたスリルもあじわえますよ★

フロア内のレストランからは、展望スペースからでは見られない景色を眺めながら食事を楽しめるので、旅行やデートに利用してみてはいかがですか?

 

アサヒビール本社ビル

続いて紹介するのは隅田川のすぐ側にあるビールをモチーフにした形が印象的なアサヒビール本社ビルです。こちらも先ほどのイーストタワー同様、一般の方は入れないようなイメージがありますが21階と最上階の22階はレストランフロアになっており、レストランを利用する人なら誰でも入れるんです!

イーストタワーの様に店内に入らなくても眺めを楽しめるスペースはなさそうですが、せっかく日本屈指のビールメーカーの本社に来たのだから店内で眺めを楽しみながらビールを頂くのはどうですか?もちろん、展望スペース料などはありません!

最上階の22階にあるレストラン「アサヒスカイルーム」ではアサヒビールのスーパードライ商品だけでなく、東京地ビール第一号である”隅田川ブルーイング”のビールも味わうことができますよ♪この機会に是非、味わってみてはどうでしょか?

 

世界のカバン博物館

世界のカバン博物館は旅行カバンやスーツケースを製造しているACEさんがオフィスビル内の8階に設けている世にも珍しい鞄の博物館です。オフィスは浅草駅から程なく歩いた場所にあり、入館料は何と無料です!

館内では世界中から集めた珍しい鞄のコレクションをはじめ、鞄の歴史や最先端技術が紹介されており、カバンについての知識を深めることができます。

博物館には展望ラウンジが併設されており、観賞後はスカイツリーや隅田川沿の風景を椅子に座りながらゆっくりと眺めることができますよ。このスポットは知る人ぞ知る場所なので、是非足を運んでみて下さい★

いかがでしたか?今回紹介した他にも浅草周辺にはいくつか眺めを楽しめる場所があるので、次回浅草へお越しの際は是非、それぞれのスポットからの眺めを楽しんでみて下さいね♪
それでは浅草でお会いできるのを楽しみにしています!