地元スタッフがオススメする、京都で早朝から参拝、散歩、撮影ができるスポット5選

to-ji 京都-名所・観光地情報

地元スタッフがオススメする、京都で早朝から参拝、散歩、撮影ができるスポット5選

京都観光といえば、国内外からの多くの人で常に賑わっている印象がありますよね。人混みを避け、落ち着いてお寺に参拝したいという方には早朝がおすすめです。

今回は、喧騒を離れ、混雑や密も気にすることなく早朝からお参りや散策ができるスポットをご紹介します。

朝の京都で、いつもとは一味違う観光を楽しんでみませんか?

清水寺

最も人気のあるお寺のひとつ清水寺は、意外にも朝早く6時から開門しています。

早朝に訪れるとまだ参拝客はまばらで、やさしい朝の光や厳かなお寺の雰囲気を感じながらゆったりと境内を散策でき、静かな空間を十分に味わうことができます。

参拝を満喫したあとは、産寧坂・八坂の塔・二年坂へと、周辺散策も外せません。こちらもまた静けさの中、写真を撮ったりしながら落ち着いて散策を楽しめます。

散策路沿いには7時から営業している「前田珈琲高台寺店」や、8時オープンの「スターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店」など、朝ごはんにちょうど良い趣あるお店も有るので、立ち寄る計画を立てるのもおすすめです。

拝観時間・アクセス

■開門/拝観時間
  6:00~18:00(季節により変動あり)
■アクセス
  市バス「五条坂」バス停より徒歩約10分
■公式ページ
  音羽山 清水寺

kiyomizu-dera

南禅寺

紅葉の名所で三門や方丈庭園など見所が多い南禅寺の境内には、ドラマのロケ地としても良く知られる「水路閣」があります。

レンガ造りのレトロな建造物は、明治時代に琵琶湖の水を京都へ引くために作られた水路橋で、今も現役で使用されています。

この水路閣へは24時間いつでもアクセスできるそうです。お寺の境内を通っていますが、景観に配慮してデザインされたと言われるとおり、自然と調和し周囲に溶け込んでいます。

日中に訪問すると多くの人で賑わっていますが、早朝はやはり人が少なく静かで、人の写り込みのない写真もとても撮りやすいです。

インクライン哲学の道など周辺には写真スポットも多く有ります。山門や庭園の有料拝観が始まるのは8時40分なので、早めに訪れ写真撮影を存分に楽しんでみてはいかがでしょう。

nanzen-ji

拝観時間・アクセス

■拝観時間
  8:40~17:00(季節により変動あり)
■アクセス
  地下鉄東西線「蹴上」駅より徒歩約10分
■公式ページ
  臨済宗大本山 南禅寺

東寺

弘法大師ゆかりのお寺で、五重塔弘法市でよく知られる東寺は、市内で最も早い朝5時に開門します。

早朝は地元住民の方々のお参りを兼ねての散歩姿をよく見かけ、静かで落ち着きある雰囲気です。また毎朝6時から御影堂(みえどう)にて生身(しょうじん)()と呼ばれる法要が営まれていて、誰でも参列が出来ます。

京都駅から徒歩圏内の立地なので、夜行バスで到着して早々に活動したい方にもおすすめの場所です。

有料拝観は8時からとなりますが、清々しい空気の中ゆったりと境内を散策すれば、気持ちの良い一日の始まりになるでしょう。

天気予報と日の出時刻をチェックして、朝焼けを背景に五重塔を写真に収めるのも、早朝ならではの楽しみ方です。

拝観時間・アクセス

■開門時間
  5:00~17:00
■金堂、講堂拝観時間
  8:00~17:00
■アクセス
  JR京都駅八条口より徒歩約15分
■公式ページ
  東寺 – 世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺

to-ji

東本願寺

JR京都駅中央口から烏丸通を北へ歩いて約7分、とアクセスの良い東本願寺。

浄土真宗・真宗大谷派の本山で、朝の開門時間は時期により5時50分または6時20分となります。

世界最大級の木造建築といわれる御影堂(ごえいどう)御影堂門、ご本尊の阿弥陀如来が安置される阿弥陀堂など、建造物の重厚感は圧倒的で、厳かな雰囲気が漂っています。

こちらでは毎朝7時から(じん)(じょう)法要(朝のお勤め)があり、阿弥陀堂でのお勤めの後、御影堂でお勤めと法話が行われ、誰でも自由にお参りすることができます。

higashi-hongan-ji

拝観時間・アクセス

■開門時間
  3月~10月  5:50-17:30
  11月~2月  6:20-16:30
■アクセス
  JR京都駅中央口より徒歩約7分
■公式ページ
  真宗大谷派(東本願寺)

嵐山

京都の定番観光スポット嵐山。

自然豊かで社寺が点在し、散策におすすめのエリアです。

近年は人気が高まりいつも混雑しているようになりましたが、早朝は人がまばらで静かにゆったり散策することができます。

お寺の拝観は9時から始まるところがほとんどなので、早朝の時間帯は自然の中をのんびりと歩いて回るのがおすすめ。

静かで神秘的な雰囲気を感じられる「竹林の小径」、神聖な空気に満ちた「野宮神社」、保津峡を望む景色が素晴らしい「亀山公園展望台」、嵐山を代表する風景の「渡月橋」など、人出の少ない早朝の時間帯だからこそ、どこも静けさや落ち着きを感じながらの散策を楽しめます。

タイミングが良ければシャッターチャンスを独り占めできるかもしれません。

拝観時間・アクセス

<野宮神社>
■拝観時間
  散策自由(授与所9:00~17:00)
■アクセス
  JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅より徒歩約12分
■公式ページ
  良縁、子宝、学問の神様 野宮神社 ── 源氏物語の宮 ──

arashiyama

おわりに

静かな空間、清々しい空気、まばらな参拝客。早朝の京都では「早起きして良かった!」と思える充実した時間を過ごせるでしょう。

次の京都旅行では、早朝のお寺巡りや散策を予定に入れて、ゆったり自分のペースで京都を楽しんでみてはいかがでしょうか?

※当記事は2021年9月中旬から10月下旬の訪問を元に作成しています。