ケイズハウス契約テニス選手市川誠一郎のテニス世界放浪

海外

テニス選手x旅人という人生
ケイズハウスがサポートするテニス選手!

皆さまこんにちは!
ケイズハウス契約テニスプロの市川誠一郎ことイチです!
ヨーロッパを拠点に選手をしています。
ケイズハウスと契約いただき、これからケイズハウスのウェブサイトで記事を掲載させていただくことになりました。
世界中を放浪しながらテニス選手をしており、各地の素敵な風景をお伝えしていく記事を書いていこうと思います!

超異色の経歴の選手、市川誠一郎

実は僕は25歳で競技を始めました。
テニス選手、というかサッカーや野球などメジャーなスポーツの選手としては前代未聞の遅さです。

25歳、本当に初心者で競技を始め、かれこれ12年。
この年齢からプロ活動をしているメジャー競技のスポーツ選手は僕1人だけかもしれません。

それまで何をしていたか、と言うと
中学高校は開成という東大合格者数が40年異常連続全国一位で有名な進学校に通い、
そのまま東京大学を卒業しました!
今思えばエリート街道まっしぐらですね!

ですが当時から頭の中で考えていることは全く別。
高校の頃から音楽が大好きで、25歳までは作曲家の道を志していたり、
ツッコミどころ満載のキャリアを持っています。

テニスを始めてから今に至るまでは色々な苦難がありましたが、
とにかく25歳でついにテニスに出会い、
音楽の道を捨て、この世界で世界最高の選手になるため選手を始めました。

めちゃくちゃな経歴ならいっそ思い切り振り切って、見たことない選手になってやろうと、
とにかく全力で誰よりも努力することを信条に頑張りまくっていたら、
まだまだ下手くそですが、なんとかプロとしてテニスで生活できるようになりました。

ちなみに、そこに至るまでの様子やテニスのことはこちらで毎日発信していますので、こちらもよければ是非ご覧になってみてください↓
市川誠一郎公式ブログ「夢中に生きる」
https://ameblo.jp/ichigrandslam

僕とケイズハウス

僕は大学生の頃、ケイズハウス東京のオープニングスタッフとして働いていました。
ケイズハウス東京がオープンしたのは2006年!
その後全国各地に広がることになるケイズハウスも、当時はまだ京都と東京だけ。
下町に東京スカイツリーもありませんでした、懐かしいですね。

学生の頃は世界各地をヒッチハイクと野宿で放浪し、たまに大きな街に着くとホステルに泊まっていました。
そんな中、日本でも英語を使いたかったり、
旅で色んな人にお世話になっていたので、自分も旅人の助けになれたら、と始めたのがケイズハウス東京でのアルバイト。

スタッフの仲間はみんな素敵でユニークな人達で溢れてました。
その後南極冒険家になって南極点に立った人(!)もいたり、やはり海外に住むようになった人が多くいます。

ケイズハウスで一緒にバイトした友人と旅↓

毎晩色んなゲストに会い、バイトの時間が終わったらロビーでお客さんと話したり一緒に遊びに行ったり、
僕が海外にいった時には泊めてもらうこともありました。
時には初めてゲストの外国人に恋したり笑、
素晴らしい思い出ばかりです。

出会ったゲストと登山に↓

まさか自分がテニス選手というかスポーツの世界に関わる人間とは夢にも思っていませんでしたが、
テニスを始めることになり、時は流れ、
なんと今度はケイズハウスに契約いただくテニスプロとしてケイズハウスに戻ってきました。

当時バイト採用の面接をしていただいた社長の坂口さんと、こんなに長いご縁をいただき、
本当に感謝しています!

テニス選手x旅人という人生

いきなりですが今の僕は事実上ホームレス。

僕は現在日本には住んでおらず、家もなく、
かといって他のどの国に家はありません笑、
家は地球!

最近まで長期ビザを持っていなかったので、ビザ無しで滞在できる期間、1~3ヶ月程度それぞれの国に滞在しては次の場所に移って行く、
というスタイルで、どこにも拠点やアパートなどを持たずに一年半以上放浪生活をしています。

そうして暮らしていると、テニス選手になったのに、
結局ケイズハウスで働きながら放浪していた頃や、長くバックパッカーをしている人達と近い感覚で生活をしているな、と思うようになりました。
テニス選手は確かに世界各地を転戦するのですが、
僕のように完全に家無し、拠点を持たずに根無し草放浪生活をする、そんなめちゃくちゃな選手は僕だけです。

きっと僕自身の根っこが旅人で、テニス選手をしていても自然とそちらの方に向かっていくのだと思います。
明日はどこにいるかも分からず、さすらいながらテニスをする生活が大好きです。

僕は好きなことを通して、いつの間にか旅を生活にできました。
多くの方は、仕事を始めれば、休暇に旅をするのだと思いますが、
本気になれば好きなことを仕事にして、もし旅が好きなら旅を人生にすることもできます。
スポーツ選手x旅人という、常識で考えたら全然関係ないものであっても、こうして僕はテニスを通して旅人をしています。

旅を愛するケイズハウスのゲストの方々、旅をしている学生のバックパッカーの方々にも、
思い切って日常を旅にしてしまったらこうなった、
そんな様子をこのブログでお見せできたらと思います。

様々な人に出会い別れる、まだ見ぬ景色を見る、遥か遠くに行く、
ふらりふらりと流れゆく、
旅は最高ですね!

ということで、これから僕は世界各地の景色を投稿して、皆さまと旅の素晴らしさを共有していけたらと思っています。
旅を愛する人が集まるケイズハウスで皆さまにお会いできること楽しみにしています。

市川誠一郎

海外
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Articles by K's House Hostels