旭岳温泉 冬はどんな感じ?

北海道-旅行豆知識

旭岳温泉 冬

ここ北海道東川町では秋もだいぶ深まってきました。山の中では動物たちの冬支度の痕跡があちこちに見られ, 米の収穫の終わった町の家々も薪割りや家の修繕など冬に向けた準備で意外と忙しい時期です。11月に入ると標高の高いところは冬の始まりですが、町から離れた旭岳温泉。標高1000mを超えるこの辺りの冬はどのような感じなのでしょうか。

冬の始まり

北海道、特に旭岳周辺では早ければ9月後半には初冠雪になる年もあります。とは言っても平地の町はまだまだ秋の色が濃く、11月になって”今年も冬がやってきたね”と実感がわいてきます。平地ではまだ晩秋ですが11月中旬になると、旭岳温泉近くのクロスカントリーコースはクロカンスキー選手たちが夏場の練習の成果を初雪の上で確かめる姿が見られます。また、冬山は技術的に無理だけど、薄っすらと雪に覆われた旭岳を見たい、歩いてみたいという方も本格的な冬が訪れる前のこの季節ならリスクが低そうです。

 

 

厳冬期ウィンタースポーツ最盛期

クリスマス頃から1月、2月、3月はウィンタースポーツ最盛期となります。旭岳ロープウェイ下の山肌はパウダー目当てのスキーヤー、ボーダー達が粉雪を巻き上げてます。近隣にも十勝岳近郊の山スキー、富良野スキー場、旭川カムイスキー場、比布スキー場などが点在し山から山へ渡り歩く旅行者もいますよ。もちろん、天候に左右されますが、冬山登山もこの時期ですよね。また、低地から眺める大雪山もこの時期ならではの圧巻な美しさです。また、旭岳ビジターセンターでは定期的にツアーを催しており、レンタルのクロカンスキー、スノーシューなども格安で借りれますよ。

 

 

 

 

滑らない人は何するの?

天気と相談してですが、スノーシューや歩くスキーで森を散策しキタキツネやエゾシカに遭遇したり、氷祭りや雪まつりに参加し温かーいものを食べながら景色を堪能する、旭山動物園でペンギンや白熊、シロフクロウをみる、と滑走以外にも楽しめますよ。何をするにせよ、冬は温泉でしょ!という方は開放感あふれる旭岳温泉でまったりしてください。

 

 

残雪期と春の始まり

3月後半から5月末までは残雪期となりますが、春スキーや残雪期登山、締った雪の上を夏にはうっそうと茂る笹薮を気にせずトレッキングや、山菜採りなど長ーい冬が終わりやっと春の草花が楽しめますね。野鳥に興味のある方は、春の到来とともにいろいろな野鳥が見れますよ。

関連情報

旭岳ロープウェイ   ロープウェイの運行情報や気象情報など必要情報が得られます。

SNOW-forecast.com       世界中の降雪情報が見れます。風速にも注意しましょう。

旭岳ビジターセンター 旭岳、大雪山国立公園の情報が満載。季節に合わせた観察会なども主催している。格安でスノーシューなどのレンタルもあり。

蝦夷鹿衝突事故防止マップ 冗談ではなくよく起こります。運転する際の注意する点、場所などの情報。

いで湯号情報はこちら  JR旭川駅・旭川空港から旭川電気軌道「いで湯号」バスに乗車 旭岳温泉入口・旭岳ロープウェイにて下車

車でのアクセス 旭川から道道294号、道道1160号を経由し旭岳ロープウェイ