【2021年】現地スタッフおすすめ!山梨県・河口湖の人気観光スポット8選!!

Mt.富士 & 富士ビュー

現地スタッフおすすめ!山梨県・河口湖の人気観光スポット8選!!

アクセス抜群・日帰りでも気軽に楽しめる!!

 

都心から片道2時間程度でいけるアクセス抜群の山梨県「河口湖」。中央自動車道でのアクセスも可能ですし、高速バス、富士急行線の終点駅でもあるので車だけでなく、電車・バスの公共機関を利用しても便利です。

河口湖からは複数の周遊バスが運行しており、「河口湖」だけではなく、「本栖湖」「精進湖」「西湖」「山中湖」などへの観光にも便利で、富士五湖周辺の観光拠点となっています!

美しい季節ごとのイベントもたくさんあり、様々な表情を見せてくれる富士山が一年中楽しめます。

今回は、初めてでも存分に楽しめる、ローカルスタッフが厳選したおすすめ観光スポットを紹介します。

富士山と一緒に楽しめるスポット

山梨県・河口湖の観光と言えば、やはり富士山!!

世界遺産でもある日本一高い山。

一生に一度は見たいですよね!

そこで富士山を見ながら楽しめるスポットをまとめてみました。このスポットをいくつか回るだけでも、河口湖観光を楽しめると思います。

 

富士山の周りには「富士五湖」と呼ばれる湖が点在しています。

「河口湖」「本栖湖」「精進湖」「西湖」「山中湖」

これらの湖とともにみる富士山も素敵ですよね。

富士山パノラマロープウェイ

ロープウェイに乗って3分で天上山山頂へ。

標高1075メートルの展望台からは裾野から広がる雄大な富士山や、河口湖のパノラマを望むことができます!この地は太宰治の名作「かちかち山」の舞台でもあるので、山頂には、民話にちなんだうさぎやタヌキのマスコットたちがお出迎えしてくれますよ!記念撮影にもおすすめです。

写真:公式HP

新倉山浅間公園

新倉山の中腹にある「新倉山浅間公園」は、富士山を正面に構えて望めるスポットです。約400段の階段を上がった後に見る景色は最高です。公園内には五重塔「忠霊塔」があり、その裏にある展望デッキからの景色は、富士山と忠霊塔を一緒に撮影できる場所として人気が高いスポットです。公園内にはたくさんの桜が植えられており、春には満開の桜とともに、富士山が見れて、素敵な景色です!

写真:富士の国やまなし観光ネットより

大石公園

大石公園には四季折々の色鮮やかな花々が植えられており、富士山とともに楽しめるスポットです。

特に、6月下旬~7月中旬に開かれる河口湖ハーブフェスティバルのメイン会場でもあります。ラベンダーが存分に楽しめます。ラベンダーアイスクリームなどもあり、舌でも楽しめますよ。

個人的には、秋のコキアの紅葉が好きです。真っ赤な絨毯のようで、モミジとはまた違う風情が楽しめます!

写真:大石公園|河口湖自然生活館 富士河口湖観光チャンネルより

忍野八海

富士山からの雪解け水が数十年かけてろ過されて作られた、8つの湧水池の総称です。これらの池の水はどこも透明度抜群です。

(出口池、お釜池、底抜池、銚子池、濁池、菖蒲池、湧池、鏡池)

江戸時代には、富士山に入山する前に身を清めるために訪れる巡礼地でした。国指定の天然記念物や名水百選、さらに世界遺産富士山の構成資産の一部として認定されています。8つの湧水池はそれぞれ大きさや雰囲気なども異なり、徒歩でまわることもできますので、是非全部回ってみてください。

参考:忍野村公式観光HP

山中湖花の都公園

富士五湖の中で、最も標高が高い山中湖付近にある「山中湖花の都公園」。ここから見る富士山は、遮るものが何もなく、雄大な富士山と花畑の絶景を楽しめます!四季折々の花々が地面いっぱいに広がります。チューリップ、ネモフィラ、カスミ草、ひまわり、コスモスなど。

花の都公園【山中湖村】(フルHD映像)

引用:富士の国やまなし観光ネットより

 

年に数日間だけ、ダイヤモンド富士が見れることも!

参考:公式HPより

西湖いやしの里 根場

富士山と、茅葺屋根の建物が広がる景色はまるで日本の原風景!懐かしい気分を味わえます。施設内ではものづくり体験ができたり、美味しいお蕎麦や田舎料理を堪能しながら、一日のんびりとした時間を過ごすことができます。四季折々の景色も楽しめますよ。

写真:公式HPより

富士山にまつわるスポット

雄大な富士山も素敵ですが、その富士山にまつわるスポットも回ってみてはいかがでしょうか?富士山世界文化遺産の構成資産に含まれるスポット、富士山の火山活動でできたスポットなどなど。この辺りには、富士山のパワーを存分に授かったパワースポットがたくさん点在しています!

 

北口本宮富士浅間神社

雄大で、美しい富士山ですが、たびたび噴火を繰り返してきました。神様の怒りを鎮めるため、火山神(浅間神)として浅間神社が幾つも富士山の周りに建てられてきました。北口本宮富士浅間神社には、日本神話に登場する女神「木花開耶姫(コノハナノサクヤビメ)」が祀られています。

吉田口登山道の起点となる登山門や、富士講の記念碑なども境内にあります。一歩敷地に入ると、他とは違う、凛とした空気に身が引き締まりますよ!

写真:公式HPより

日本三奇祭の一つ、吉田の火祭りは北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社の両社の秋祭りです。金鳥居(かなどりい)から北口本宮冨士浅間神社にかけた約1キロの通りには、高さ約3メートルの松明70本が燃やされ、まさしく「火」祭りです。夏山の富士山登拝の山仕舞いを意味する祭りで、噴火などもなく無事に登山シーズンを終えることができた感謝の気持ちを表しています。

御朱印を集めてる方も必見!本宮の「本」の字が富士山をイメージしてる感じの字体も素敵です。

富岳風穴・鳴沢氷穴

青木ヶ原樹海の中にある全長約200mの天然記念物の溶岩洞窟です。

富岳風穴は比較的歩きやす横穴型洞窟です。昭和の初めまでは、お蚕の卵の貯蔵に使われていたという天然の冷蔵庫!なのでひんやりした空気です。夏でも溶けない氷柱や、溶岩棚、縄状溶岩などが見られます。鳴沢氷穴は竪穴型洞窟です。

参考:公式HPより

洞窟内の気温は、一年を通して0度~3度。真夏でもひんやりと寒いので、上着を持っていくと安心です。

写真:富士の国やまなし観光ネットより

 

青木ヶ原樹海

青木ヶ原樹海がある一帯はもともと大きな湖でした。864年の富士山大噴火で、流れ込んだ溶岩が湖に流れ込んで固まり、青木ヶ原樹海の元となる地が誕生しました。溶岩に苔が生え、そこから木が成長し、長い年月をかけて森となり、のちに「青木ヶ原樹海」と呼ばれるようになりました。
上空から見ると、緑のじゅうたんを敷いたようで、風が吹くと、まるで波がうねるように見えたことから「樹海」と名付けられたそうです。また外国人の間では「Suicide Forest(自殺の森)」として知られています。

富岳風穴、鳴沢氷穴は青木ヶ原樹海内にあり、この2つの洞窟間は樹海ウォーキングを楽しみながら行き来できます!(徒歩 約30分)

おわりに

いかがでしたか?

今回は富士山にまつわるスポットを紹介しましたが、河口湖には居心地のいいカフェや郷土料理ほうとうなどの美味しいたべもの、美術館、温泉、その他楽しいアクティビティなど、たくさん点在しています!

アクセスも便利なので、日帰りでも気軽に楽しめます!

日帰りではなく、様々なアクティビティーを楽しんだ後、温泉でゆったり、晩ごはんは郷土料理を楽しむ、翌日の朝は富士山と朝日を見る。。。そんなゆったり旅もいいですね!

河口湖にある私たちのゲストハウス、ケイズハウスMt. 富士ケイズハウス富士ビューは観光に便利な立地です。ここには書ききれなかった穴場情報、富士山がきれいに見えるスポットなども、直接お届けしますよ~!

また富士山周辺のおすすめスポットを効率よくガイドツアーでまわりたい!という方にはケイズトラベルのバスツアーもお勧めです。