東京の生活ってどんな感じ?在住10年で感じるメリット・デメリット

東京-雑記(その他)

実際のところ東京の生活ってどんな感じ?

 

東京への移住を検討またはご予定ですか?新しい街へ移り住むのって楽しみがある反面、どんな感じか不安もありますよね?

東京の人ってやっぱり冷たいの?治安はやっぱり悪いわけ?田舎から移り住むとやっぱり大変?etc..

そこで、今回は田舎生まれ田舎育ちの私、スタッフのNabeが住んで感じる東京の生活のメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

この記事で分かること
●地方出身者から見た東京生活の良いところ(メリット)と残念なところ(デメリット)を紹介します

自己紹介

私、Nabeは田畑が広がり遠方には山がそびえるまさに”田舎”で生まれ育ち、就職を機に東京に住み始めました。東京での生活は10年を超え、東京を含む首都圏での生活を含めれば20年となり田舎よりこちらで暮らした時間の方が長くなりました。現在は浅草のお隣にある「墨田区」という場所で暮らしており、二人の子供がいます。

東京生活のメリット

  • とにかく便利

とにかく”便利”。地方出身者として先ずこれが思いつきます。歩けばすぐ24時間営業のコンビニがあり、お店も多い。病院やクリニックも多く、困った時にも何かと助かります。とにかく車を使わずに徒歩や自転車ですぐに物事が完了するところが便利に思います。

  • 電車やバスがすぐ来る、どこにでも行ける

とにかく電車やバスが来るのが早い。一度逃しても5〜10分以内には次がきます。夜に用事があっても夜遅くまで交通機関が利用できるので、ちゃんと家にも帰れます。田舎では考えられない交通システムには外国人だけでなく田舎出身者も脱帽です。それと、さすが首都東京とあって基本的に電車でも飛行機でもバスでも乗り換えることなく直行で全国各地に行けるのが便利ですね。特に地方出身者としては子供を連れての帰省の時などは助かります。

  • 学びの施設が多い

図書館、博物館、美術館やお稽古の場所等、老若男女問わず学びの施設が多いです。図書館は徒歩や自転車で行ける距離にあり、区内にある他の図書館からも資料の取り寄せができます。どんな地域にいてもちょっと電車やバスを使えば博物館や美術館などにも行けるので、特に子供を持っている者としては学びの機会を与えられるのが嬉しいです。また、基本的にはお稽古は何でも学べます。

  • イベントが多い

大小様々なイベント、国内外の有名アーティストによるライブやスポーツイベントなどが必ずと言って良いほど東京では開催されます。最近ではオンラインイベントや配信などもありますが、やはりライブに勝るものは無いと思うので、色々なイベントに参加するできる機会が多いのは大人のみならず子供にとっても良いですね。

  • 生活費も意外と安い?

東京は”全てが高い”と思われる方は少なく無いと思いますし、実際のところ家賃や駐車料金等は高いです。ただ、それ以外の出費については現地に住む者の感覚としては地方とさほど変わらないように思いますし、場所によっては安いところもあります。むしろ東京の場合、地方の様にガソリン代や灯油などの暖房費もあまりかからないですし、一般的には給与水準も高いので実際のところはそこまで生活が大変と言うことはないのかもしれません。

  • 意外と人も優しい?

”東京の人は冷たい”というのはよく抱かれるイメージかと思いますが、私の住んでいる場所についてはそんなことはありません。近所の人ともよく挨拶をしますし、同じマンション内でもおすそ分けなんかもしたりします。周囲のお店の方も気さくにお話ししてくれたり、時にはおまけまでしてくれることもあるので、正直、人が冷たいという印象はありません。もちろん、これば場所やたまたま周辺に住んでいる人によって状況は異なってくるとは思いますが、必要以上に心配することはないと思います。

 

東京生活のデメリット

  • 人が多い

とにかく人が多いです。町にしても、お店や施設にしても、公園にしてもとにかく人だらけです。特に週末の公園やショッピングモールなどは人が多いので、行くのも嫌になるくらいです。病院やクリニックも混み合うので、時間や曜日によっては30分〜1時間待ちなんてこともよくあります。私は幸いにも電車通勤はしていませんが、朝の満員電車は見るだけで悲惨な気分になります。

  • 家賃が高い、部屋が狭い

部屋が狭い割に、家賃も高いです。特に私の様なファミリー層が駅近で家を借りようとすると、場所によってはそもそもあまり物件がありませんし、家賃も高くなるので大変です。私が現在住んでいる場所のファミリー層向けの賃貸相場が約14〜17万円/月なのに対し、私の地元の相場は7〜8万円/月だそうです。さらにマンションについては、相場が4500万〜6500万とのこと。。いかに東京の家賃が高いか分かりますね。

  • 子供を預けるのが大変

田舎の両親と離れ、共働きの家族が多いため保育園の確保は必須ですが、人が多いため保育園に子供を預け入れるのが大変です。以前よりは保育園の数なども増えたのかもしれませんが、やはり住む地域によっては入園希望が集中することもあり、保育園の枠はあれど希望の場所(最寄りの保育園)に入園させられないということで保育をあきらめる家庭も少なくないと思います。また特に都内だと広い園庭を持つ保育園は少ないと思うので、子供がのびのびと遊べる様な環境がないのは少しかわいそうに思えます。

  • 自然が少ない

当たり前の話ですが、田舎と比べると圧倒的に自然が少ないです。周辺はビル、マンションやお店だけで自然と言えば公園や道沿いに木が多少植えられているくらいです。長年東京にいるため今はあまり何も感じなくなりましたが、たまに旅行や仕事で田舎に行って雄大な山や海などを見るとやはり心が豊かになる感じがしますし、自然に囲まれた環境で過ごしたいという想いが出てきます。都会では自分でも気づかないストレスがあるのかもしれませんね。

  • 災害が怖い

どこに住んでいても災害は怖いものですが、特に東京は人も建物も多いため、大規模災害が発生した時にどうなるかを考えると正直不安になります。30年以内には高い確率で首都直下地震が発生するとも言われているので、普段からの防災への備えは必要かと思います。

 

一度試しに住んでみるのもあり?

東京と地方でそれぞれ良いところ、残念なところはあるかと思いますし、良し悪しはその時の自身の状況によっても大きく変わってくるのではないでしょうか?

東京については、東京の街や環境が好きだから移り住むと言うより、仕事や進学といった理由があるために移り住む方が多いと思います。もし、事前に東京での生活環境を知りたいという方は短期でも一時的に住んでみることでよりイメージが具体的になるかもしれませんね。

現在、私が勤めるケイズハウス東京オアシスでは6泊以上のご宿泊でお得に泊まれる宿泊プランを販売中です。事前に東京での生活を肌で感じたい方は是非、この機会にご利用下さい。

バス・トイレ付の広々したお部屋が1泊1998円から!(※)
自炊可能なキッチン付きの宿でお得に滞在を♪

(※)2名様ご利用、お一人様あたりの料金となります。

 

もちろん、お仕事、旅行、一時的な拠点が必要な方もご利用いただけます。

それでは浅草でお会いしましょう!

 

東京-雑記(その他)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Articles by K's House Hostels